一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

まずは、こちらをお読みください(^^)
本の貸し出し、はじめます。



貸出し対象の本たち、第6弾をご紹介します!
本の紹介1はこちら
本の紹介2はこちら
本の紹介3はこちら
本の紹介4はこちら
本の紹介5はこちら


土の中には見えないけれど いつもいっぱい種がある
金の星社



僕の上の星 君の上の星
樹心社



さびしいときは心のかぜです
樹心社



好きやって…言わないくらい好きやって
小学館


この四冊は、かっこちゃんが石川県の養護学校(当時)で教諭をしていたときの生徒さん "大ちゃん" の詩です。
目も合わせてくれなかった大ちゃんが、だんだんと心を開き、やがて二人は一緒に詩をつくるようになります。

大ちゃんの詩は大ちゃんの心。かっこちゃんと二人のときだけ話すんやと言っていました。
そして、
【本当に仲良くならんと目なんて合わせられん】
とも大ちゃんは言います。
空のこと、海のこと、宇宙のこと
感情のこと、分けられること
戦争のこと、地震のこと、原発のこと
父ちゃんのこと、母ちゃんのこと、弟のこと
からあげが好きなこと
弟が生まれることを知ってたこと
空氣の粒が見えること…
大ちゃんの胸の中にはこんなにも思いがつまっている。
本当に仲良くなるまでは分からないことって多いんですね。


←ぽち、とお願いします。


からだを応援する はりとお灸 友



市営地下鉄 御堂筋線『なかもず駅』
または南海高野線『中百舌鳥駅』スグ

HP http://harikyu-tomo.com
FB http://m.facebook.com/hari.kyu.tomo
ご予約 info@harikyu-tomo.com

  • -
  • 23:18
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM